独特の歌詞世界とVo & Gt.恒吉豊のハイトーン・ボイスで熱い視線を集めている5人組ロック・バンド“OverTheDogs”が、新たな時代の扉を開くメジャーデビューアルバム「トケメグル」を、10月26日にリリース!

  プロデューサーに亀田誠治(東京事変)、佐久間正英、いしわたり淳治(ex-SUPERCAR)を迎えた今作は、ハイトーン・ボイスが特徴のスタンダードな「歌」とバンドの持つ荒々しさにプロデューサー陣のクリエータースピリットがぶつかり合ってトケメグった名盤!

  歌ネットでは、そんな話題の作品を、リリース前にいち早くお届けします!歌詞を読んで、曲を聴いての感想、OverTheDogsへのメッセージなど、ドシドシ書き込んで下さい!

  
――まずはバンドが現在の5人構成になった経緯を教えてください。
恒吉:2008年までは、僕と佐藤とギターの3人でバンドをやっていたんですが、やりたい音楽が違ったので一旦活動を休止してたんです。というのも以前はピアノがいたんですけど、体調不良で抜けてしまって、仕方なくそのまま続けてたんです。でも、ある時“ピアノを入れないとライブはやらない”と僕が言って、それですぐにメンバー探して、今の形になったんです。
――バンドは、どういう音楽を目指していたんですか?
恒吉:“難しい言葉を使って、伝わらないのは嫌だ”と思っていたので、少し幼稚に思われたりもするんですけど、“言葉は人に伝わってこそのもの”だと思うので、伝わるように分かりやすい音楽を目指していました。
――OverTheDogs”、通称“オバケン”というバンド名の由来は?
恒吉:“OverTheDogs”という言葉が夢にパッと出てきたんです。それで、“これで行こう!”って決めたんです。
田中:僕は、この形が好きですね。
佐藤:でも、ちょっと読みづらいけどね(笑)。だからオバ犬(ケン)と呼ばれたりもしますね。
樋口:英語的には正しくないと言われるんですけど、日本人のバンドなのでいいかなって。
――今回、メジャーデビューということで、今はどのような心境ですか?
恒吉:人目により多く付くじゃないですか。まだ恥ずかしいので、それに早く慣れたいなと思ってます(笑)。
田中:インディーズ時代は自分たちだけで作ってたんですけど、今回は、亀田誠治さん、佐久間正英さん、いしわたり淳治さんなどとやれたので、みんなで作ったという違いがありますね。
――アルバムでのデビューについては、どう考えていますか?
星:僕らの音楽って色んな形があるんですよ。偏ってないところが自分も好きなので、それを一枚目から聴いてもらえるのはとても嬉しいです。
佐藤:シングルよりボリュームが多く、色んな曲を知ってもらえるので、すごく嬉しいです。
――タイトル「トケメグル」には、どのような思いが込められているんですか?
恒吉:“命の循環”をイメージしました。氷が溶けたら水になるみたいに、人が死んだら、たとえば星になるかもしれないし、土になるかもしれない。何か役に立ったり、巡っていってほしいなっていう思いを込めました。
――タイトルをカタカナにした理由は?
恒吉:漢字にすると「溶け巡る」なんですけど、「トケ」は問題が解ける「解け」でもあるんです。一つ問題が解けると新しいものが作り出せたりもするじゃないですか。それも循環なので、そういう意味も込めているんです。
――「イッツ・ア・スモールワールド」は、ライブでも必ず最初に歌われる曲なんですよね?
恒吉:そうですね。アルバムの中でも一番古い曲でもあって、この曲が出来た時に自分のやりたい音楽性が見つかったので、凄く大事な曲なんです。
――「本当の未来は」もライブではラストを飾る曲だそうですが、「イッツ・ア・スモールワールド」のアンサーソング的な意味合いが感じられるのですが。
恒吉:「イッツ・ア・スモールワールド」は“決意”で、「本当の未来は」は“希望”なんです。“死んでいいことなんか何もない”と僕は思っているので、“生きて楽しくやろうぜ”との決意と希望の曲です。
――アルバムの曲順は、皆さんで決められたんですか?
星:基礎は恒吉が考えたんですが、1曲目と13曲目は最初から決まっていたんです。
恒吉:重い歌詞が多いので、それが続くと耳に入ってこないし、疲れると思ったので、どこに力が抜ける曲を持ってくるかを考えました。
――「カフカ」「ななせ空を飛ぶ」は、実在の小説が題材になっているんですよね?
恒吉:はい。「カフカ」の題材は、フランツ・カフカの小説「変身」です。自分の大事な人が、自分の意図とは別なところで変わってしまう事ってあるじゃないですか。たとえば、容姿が変わってしまっても、それでも一緒にいたいと思えたらいいなと。逆に自分がそうなった時に、相手も同じように思ってくれたらいいなっていう曲です。
――まさにサビの部分がそうですよね。
恒吉:「ななせ空を飛ぶ」は、筒井康隆の小説「七瀬ふたたび」です。主人公が特殊能力を持った女の子だったので、一人ぼっちで辛い思いをしてきたななせにいい事があればいいなって思って想像で書きました。
――メンバーに曲を聴かせた時の反応はいかがでしたか?
恒吉:ボツの時は、明らかに“ボツ”っていう顔をするので、反応を見て“あぁ、ボツじゃないんだな”とは思いました(笑)。
星:「ななせ空を飛ぶ」を初めて聴いた時、凄く興奮したんです。聴いた瞬間にピアノ伴奏が浮かんだんです。
――「うた」の歌詞の中でも、スティーブンキングが出てきますが、小説は恒吉さんにとって、どのような存在ですか?
恒吉:一言で言うと“合法の現実逃避”です。勇気が出る言葉や人物が出てくるし、現実ではありえないことも小説なら許される。それに興奮したり、感情が揺れ動くので、精神を保つためのものです。
―― 一ヶ月でどれぐらい読まれてるんですか?
恒吉:最近は、1、2冊です。古本屋に行って、面白そうな本を選ぶんですけど、最初の書き出しや10ページぐらいを読んでみて、魅かれたものを読むようにしています。
――「気まぐれしりとり」は、とてもユーモアのある曲ですね。
佐藤:インディー盤でも、こういう遊び心のある曲を入れたんですけど、“メジャー盤にはどうなんだろう?(笑)”と思っていたんですけど、“やっぱり入ったか!”って(笑)。
星:この曲は、僕が部屋で料理をしてたら、恒吉と樋口が酔っ払いながら作ってて、僕も料理を止めて参加したんです(笑)。
――そうなんですね。“くびれ”の辺りから完全にやられちゃいました(笑)。
全員:(笑)
――今回、亀田誠治さん、佐久間正英さん、いしわたり淳治さんがプロデュースされていますよね。それぞれどのような印象でしたか?
田中:曲の作り方やレコーディングの仕方がそれぞれ違っていて、とても参考になりましたね。
星:素人みたいですけど、有名な方に会えたという思いは正直ありました(笑)。昔からプロデュースされていた曲を聴いていたので、“こういう風に作られるんだ”って知れたことは凄く勉強になったし、それを踏まえてセルフプロデュースもしているので、活かせたと思います。
佐藤:自分はベーシストとしても亀田さんが好きだったので、一緒にやるのが凄く面白かったです。
樋口:僕は佐久間さんの作る音世界というか、優しい肌触りが好きなので、僕たちも勉強してレベルアップして、そういう音を作りたいと思いました。
――それぞれに特にオススメの曲を教えていただけますか?
田中:僕は“OverTheDogs”で始めるきっかけの曲にもなった「イッツ・ア・スモールワールド」ですね。
星:僕は「うた」です。僕が加入した時には既にあった曲なんですけど、僕が思っていたことをバシッと言っている曲だったので、聴いた時はお手上げでした。
佐藤:僕も「うた」です。色んなタイミングで音源に入れたくてレコーディングを繰り返していたので、ようやくアルバムに入れられることが嬉しいです。
樋口:僕は「カフカ」です。イントロの「チャララ、チャララ〜」っていうギターのフレーズがあるんですけど、それを考えた瞬間“あっ、この曲出来た!”って思えた曲なんです。
恒吉:僕は「メテオ」です。アルバムのテーマでもあるんですけど、友達や恋人、ペットなど大事な人が亡くなった時に、何かに生まれ変わってほしいという思いが一番真っ直ぐ分かりやすく書けた曲なんです。
――アルバムは、特にどんな人に聴いてもらいたいですか?
恒吉:心がトケメグってない人に是非聴いてもらいたいですね。少しでもトケメグルように!
――普段、どのように曲作りをされているんですか?
恒吉:歌詞とメロディーの素材は、毎日、テレコや携帯、手帳に溜めています。そして歌詞とメロディーを組み合わせる時は、とにかく心に余裕がある時に作業します。
――詞を書く上で大切にしていることは何ですか?
恒吉:自分の心に査定をかけないで正直に書くことです。一つひとつ査定にかけていくと、本当に自分がそう思っているのか怖くなるんです。あとは、シンプルの中にちょっとシニカルなものを入れるようにしてます。
――メンバーは、恒吉さんの歌詞に対して、意見は言うんですか?
星:今のところ、全く言いませんね。メンバーが一番心打たれていると思うし、じゃなきゃ今も一緒にいないと思うし。
佐藤:最初は伝わりづらいこともあるんですけど、ライブでやってる時に、ふと“この歌詞好きだな”って思うことがあるんです。
星:でっかい欲というか求めてるものが大きいのに、それを重々しく言わないところが面白いと思ってます。
樋口:1曲1曲に筋が通ってるというか、どれをとっても“恒だ”と思えるところです。
――歌詞の面で影響を受けたアーティストや作家は?
恒吉:作家では伊坂幸太郎が好きです。アーティストだと、斉藤和義さんやYO-KINGさん、あとTOMOVSKYさんが好きです。たとえばTOMOVSKYさんの「大人なので」という曲では、普通は“大人だから我慢する”っていうところを、“大人には時間がない。これまで散々我慢してきたから、我慢しなくていい”っていうように凄く正直に書いているんです。正直な歌詞って気持ちいいんですよ。
――歌詞を書くということは、恒吉さんにとってどのようなものですか?
恒吉:査定にかけないからこそ、ある意味で査定にかけてるというか、自分が書いたことにある意味嘘はないじゃないですか!?書いたからには責任があるし、出てきた言葉は自分自身だから、まさに“自分”ですね。
――“OverTheDogs”の一番の武器は何だと思いますか?
田中:一番は恒吉の書く曲だと思います。僕自身、聴いて“凄い”と思っているので。
星:メロディーは小さい子からお年寄りが聴いてもストレスがないし、歌詞は優しく歌いやすい中にも色んな目線や物語があったりするところです。
佐藤:世界観、空気感というか、ライブなどどこでやっても雰囲気が変わるところですかね。
樋口:「気まぐれしりとり」をボーナストラックではなく、本編に入れてしまうところは、僕らならではだと思います(笑)。
――11月には、ワンマンライブも決定していますね。
星:ワンマンライブは、今回で4回目なんですけど、僕らの事だけを見に来てくれるので、ドキドキしています。
恒吉:ワンマンじゃない時はだいたい20分〜30分というライブの時間なので、その時間で「気まぐれしりとり」を入れる懐の深さはまだ持ち合わせていないので(笑)、今回のワンマンなので、全力でやりたいと思います(笑)。
――それでは、最後に「歌ネット」を見ている人にメッセージをください。
田中:恒吉が書いた歌詞を見てもらいたいので、歌詞を好きな方には打ってつけのバンドだと思います。
星:歌詞を書いてるのは自分じゃないので、恥ずかしげもなく言いますけど、世界一の歌詞なので、ちゃんと深くまで見てあげてください。
佐藤:何かしら共感できる部分もあると思うし、読んでどう感じるのかが面白いと思うので、是非全曲見てほしいです。
樋口:アルバムを通して歌詞を見ながら聴くとより伝わると思うので、ぜひ楽しんでほしいです。
恒吉:歌詞は小説と一緒で、“わっ怖っ”とか“気持ち悪い”と言われて共感されなくても僕の中でいいんです。だから“わっ”と思ってもそれが癖になるかもしれないから、“わっ”と思った人は3回くらい見てくれると嬉しいです。

曲を聴いて、歌詞を読んでの感想、OverTheDogsへのコメントは締め切りました。
たくさんのコメント有難うございました。
 
私設応援団長 さん 2011年10月28日 04:01 PM
アルバム聞きました!
どれもカッコよく最高です。
OverTheDogsの歌詞、メロディーにはまっております。
ただ今、ヘビーロティション中です。
応援してますので、もっともっと有名になって!!
LQR さん 2011年10月26日 06:09 PM
発売オメデトウございますっ!
これからどんどん有名になっていくんですね…。
うれしいような、ちょっとさびしいような…
でも、応援しています!
バンドマン さん 2011年10月24日 09:15 PM
802で聴いて「やられた!」が第一印象!
すごいバンドが出てきたもんです。
これはすごいです!
みーい さん 2011年10月24日 09:38 AM
色色な歌しがみたい聞いてみたいです。



2011年10月24日
リオ さん 2011年10月22日 10:17 PM
YouTubeでOvere the dogsのpvを見ました。気がついたら、鼻歌をしていました。
 
 


OverTheDogs

(オーバー・ザ・ドッグス)


恒吉 豊 (Vo & Gt)
樋口 三四郎 (Gt & Cho)
佐藤 大輝 (Ba & Cho)
星 英二郎 (Key & Cho)
田中 直貴 (Dr)

独特の歌詞世界とVo & Gt.恒吉豊のハイトーン・ボイスで熱い視線を集めている5人組ロック・バンド。ドリーミュージック内に新設されたレーベル&マネージメントFOGHORNの記念すべき第一弾アーティストとして、10月26日待望のメジャーデビュー!

Official Site
Official blog
恒吉 豊「脳内爆破」
樋口 三四郎「一撃必殺」
佐藤 大輝「ダイキサウンド」
星 英二郎「徒然なるままに」
田中 直貴「ブログ始めました」

Debut Album「トケメグル」
2011年10月26日発売
MUCF-1001 ¥2,500(税込)

<収録曲>
1. イッツ・ア・スモールワールド
2. カフカ
3. ななせ空を飛ぶ
4. 神様になれますように
5. さかさまミルク
6. 気まぐれしりとり
7. 普遍ソング
8. メテオ
9. なりみみ
10.つきもの
11.メクルの本
12.うた
13.本当の未来は

OverTheDogs 歌詞一覧

FOGHORN


恒吉 豊の好きなフレーズ



樋口 三四郎の好きなフレーズ


佐藤 大輝の好きなフレーズ


星 英二郎の好きなフレーズ


田中 直貴の好きなフレーズ


ワタフレ投稿フォーム

アルバム聞きました! どれもカッコよく...
発売オメデトウございますっ! これから...
802で聴いて「やられた!」が第一印象! ...
色色な歌しがみたい聞いてみたいです。 ...
YouTubeでOvere the dogsのpvを見ました...
 
コメント、メッセージは、歌ネット事務局にて、当ページへのコメントとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認致します。
内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。 また、掲載された記事・写真等の無断転用を一切禁じます。 無断で加工、転載などを行うと、著作権法に基づく処罰の対象になる場合があります。



歌詞を携帯で見る


携帯で着うたGET!





Copyright(C)2001-2011 PAGE ONE All Rights Reserved.