キャリア史上最大・最長ツアーとなる42箇所52公演にも及ぶ全国ツアー「Because... I am」を開催中の“flumpool”が、同ツアーのテーマともなっている楽曲「Because... I am」を7月11日にリリース!

 一人ひとりが「個」を磨き、信念を貫くことで大きな力に変えていこうというツアータイトルにも込めたメンバー4人それぞれの強い意思が詰まった、ダイナミックなロックチューン!

 歌ネットでは、そんな話題の作品を、リリース前にいち早くお届けします!

  
――現在、キャリア史上最大・最長の全国ツアーを行っていますが、昨年行ったツアーとはテーマが大きく変わっていますね。
山村:そうですね。今年のツアーは、去年とは違うテーマを持って臨んでいます。去年は震災があったので、ツアーを廻ること自体をすごく悩んだし、“flumpoolというバンドとして、何が出来るか?”を突き詰めながらツアーを廻らせてもらいました。今年は震災から一年経って、去年と同じように“みんなで手を取り合って頑張ろう”っていう気持ちも大事だけど、もう一つ先に進むために、自分たちを含め一人ひとりが個々を磨いていく時期だと思ったんです。
――なるほど。
山村:“一人ひとりが全体のために何が出来るか?”を考えることが、結果的に全体を押し上げていく力になる。だから、「Because... I am」=“ぼくはこうだ!”という強い意思を持った生き方を突き詰めていこうと思ったんです。それで、ツアータイトル、そしてテーマ曲のタイトルも「Because... I am」にしました。
――今回のツアーでは、震災があった仙台に行かれましたね。
山村:去年も今年とちょうど同じ時期に予定していたんですけど、結局会場が使えなくてライブが出来なかったので、“待たせてしまった”という思いが大きかったんです。それでも“僕等を待っててくれた”っていうのは、行った瞬間に分かったので、とても嬉しかったですね。
――全52公演でちょうどツアーも折り返し地点ですね。
山村:ツアーでこれだけの本数を廻ると、どうしても1/52のライブになりがちなんですよ。だけどそうじゃなくて、“今日でこの人とはもう会えない”っていう気持ちで挑むことが大事だと思うので、“一期一会”を胸にライブに臨んでいます。
――ツアーで印象に残っている場所はありますか?
山村:今回のツアーは初めて行った場所が多くて、熊本に和歌山、鳥取、福井…。
阪井:やっぱり初めて行く場所は特に盛り上がりが凄くて、“なんでもっと早く行かなかったんだろう”って思うぐらい(笑)、たくさんの人が待っててくれたことが伝わったので、印象的でしたね。
今回リリースする「Because... I am」ですが、ツアーが決まったのと曲が出来上がったのは、どちらが先だったんですか?
山村:去年の11月に、来年のツアーのことや音楽でどういう風にやっていくかをみんなで話したんです。去年の年末にシングル「Present」をリリースして、さいたまスーパーアリーナでライブをやって、やっぱりあれで“みんなで頑張る”“みんなでひとつになる”っていうことの素晴らしさを示せたと思ったんです。それで、次はさっきも言ったように“個々だな”と思った時に、ツアータイトルも曲のイメージも、同時に出来た感はありました。
――「Because... I am」は、どんなイメージで作曲されたんですか?
阪井:“力強い曲が欲しい”ってメンバーと話していたので、歌い出しからスピード感があって、リズミックな曲っていうイメージで作っていきました。
――出来上がったメロディーを聴いて、書こうと思っていたイメージとはマッチしたんですか?
山村:そうですね。今までにない剥き出しの感情みたいなものが表現出来ると思いました。これだけメロディーとメロディーに間がある曲は今までなかったし、自分たちの新しい一面が見れる曲になったと思います。
――山村さんの書いた歌詞に対して、どんな印象を受けましたか?
阪井:自分が曲を作った時にイメージしていたものとすごくハマった感じがあったし、こういうリアルな歌詞は、ハマりがバッチリだと思いました。
――普段は作曲した立場から、歌詞に対して意見は言ったりするんですか?
阪井:いやーあんまり言わないです。“最高!”って言うくらいですかね(笑)。単純に一般目線で(笑)。
――この曲でキーとなるフレーズは、“あるがままに生きる”“自由”だと思います。まず、“あるがままに生きる”ということについて、どのように思っていますか?
山村:日本の風潮だと思うんですけど、欧米に比べたら自分らしく生きにくいと思うし、他人に遠慮して生きてしまう。“自分らしさを出すことは美徳じゃない”っていうのがあると思うんです。“人を思いやる”という意味では良いことだと思うんですけど、だからこそ、言うべきところは言わなくちゃいけないと思うんですよね。
――確かに日本人は物を拾ってもらった時に“すいません”って言うことが多くて、外国人からすると“何故、「ありがとう」じゃないのか?”と疑問に思うそうです。日本人って、まず相手に対してどうかが先に来るみたいです。
山村:震災があって、あれだけみんなが一つになれたので、遠慮してた今までじゃなくて、一人がまず一歩を踏み出す。一人ひとりが責任を持って、自分が進みたい道を示すことが大事だと思いますね。それがまた誰かの勇気になると思うし、悩んでる人の僅かでも希望になるんだと思うんです。
――では、“自由”については、どう解釈されていますか?
山村:僕にとっては“表現すること”ですね。周りの目がある中で、自分を解放していくことはすごく難しいことだと思うし、自分の中に何か枷(かし)があるとしたら、それは自信のなさだと思うんですよ。
――なるほど。
山村:“もしかしたら間違ってるかもしれない”“人を傷つけてしまうかもしれない”って閉じ込めてしまうんですけど、そうじゃなくて、間違ってようが正しかろうが自分からは逃げようがないんです。そこで何が大事かって言ったら、やっぱり“これが僕です”って胸を張ることだと思うし、それが自由への啓発になるんでしょうね。
――その結論が“生まれてごめん これが僕です”なんですね。このフレーズはすぐに浮かんだんですか?
山村:書いていく中で浮かんだフレーズで、すごく悩みました。それは僕等の音楽を愛してわざわざライブに足を運んできてくれてるのに、そのステージで“生まれてごめん”って言うわけですから(笑)。だけど、それでも今伝えたい意思があるんだっていうことが伝わってくれればと思って、音源を出す前にライブで披露したんです。やっぱりその誤解っていうのは生まれてしまうのもだと思うし、やり続けるしかないですね。
阪井:僕としては、こういう歌詞は今までなかったので、すごく良いと思っているんです。メンバーもみんな“良い”って言ってましたし。
山村:うちのメンバーは全員、シリアスな方向性が好きだから、特に“ここの部分、好き”って言ってます(笑)。
――今だからこそ、必要な楽曲なんですね。
山村:この曲は、2012年もそうだし、これからのflumpoolの軸になると思っているんです。と言うのは、この曲に対して意見がいっぱいあって、これだけ意見をぶつけてくる曲は、今までなかったんですよね。これまでだったら、“いいね!”って言ってくれることが多かったんですけど、その上で、聴いた人の感情を揺さぶることができる曲を僕等は目指しているので、今回はすごく手応えを感じているんです。
――普段、どのような流れで曲作りをされているんですか?
阪井:ギターを弾きながら、こういう曲を作ろうとイメージを膨らませて、ラララで歌いながらメロディーを作っています。昔は適当な言葉で歌ってデモを作っていたんですけど、“なんか変な言葉が入ってる”って言われたので(笑)、今は意識してラララでデモを作ることにしています。
――詞を書く上で大切にしていることは何ですか?
山村:“一行目ですね。歌の出だしって、聴いてる人にどれだけ情報を与えられるか、この世界に引き込んでいけるかが重要だと思うので、一番悩むところでもあります。ただテーマがしっかり決まっていれば、パッと浮かぶことが多いですね。
――歌詞は基本、どこで書いてるんですか?
山村:基本は、家ですね。外で書いた方がいいとは思うんですけど、あまり家から出る気にならないというか(笑)。家の中に仕事部屋があるので、そこに入らないと集中出来ないんです。
――歌詞の面で影響を受けたアーティストや作家は?
山村:財津和夫さんですね。シンプルでいて、ちゃんと心に届く歌詞にはやっぱり憧れますね。あとは小田和正さんも好きですね。言葉数が少なく、誰でも分かる言葉だけど、胸にジーンと来るところは自分の理想ですね。歌詞は、よく歌ネットで検索して見させていただいているんですよ。
財津さんや小田さんの曲は、小さい頃から聴かれていたんですか?
山村:いや、自分で歌詞を書くようになってからです。“どういう風に書かれてるんだろう?”って興味を持つようになって、勉強する意味でも歌詞を見るようになりました。だから歌ネットの存在は本当に助かるんですよ(笑)。
――阪井さんも歌詞を見られるそうですが、歌詞を知ることで作曲に役に立つことはあるんですか?
阪井:自分の好きなアーティストさんの歌詞を見て、物語を想像しながら曲を作ることもありますね。イメージが膨らむんですよ。詞先で作った曲でいえば、シングルでリリースした「どんな未来にも愛はある」がそうですね。
――歌詞を書くことは、山村さんにとってどのようなものですか?
山村:例えば木があってその中に自分という像があって、それを掘っていく作業ですね。その中に埋まっている自分を掘り起こしていく。自分が知らない自分を見つけていく。そこに普段言えないことだったり、伝えられない思いが隠れてるんです。
――残りのツアーの意気込みをお聞かせください。
山村:ドラムの誠司がいつも言っているんですけど、“ツアーじゃなくてライブをやる”っていうことです。一本一本、今しかない瞬間をちゃんと送り出して、客席からのもちゃんと受け取る。当り前のことを徹底することが、僕等にとって一番大切なことなので、一本一本集中してやっていきたいですね。
阪井:今回のツアーは「Because... I am」というテーマがあって、ライブをしてて個々が強くなっていくのをすごく感じるんです。相乗効果というか、メンバーに乗せられている自分がいるし、まだまだ自分たちは成長できると感じるので、残りも楽しみですね。
――それでは、最後に「歌ネット」を見ている人にメッセージをください。
阪井:まず、自分たちの歌詞をたくさん見てくれてることが嬉しいです。歌詞に興味を持って曲を聴いてみようと思った人もたくさんいると思うので、歌ネットでミリオン(アクセス100万回以上)を目指しているので(笑)、僕等の歌詞をどんどん見てください!
山村:全然知らない曲の歌詞をたまたま見て、それに救われることもあるので、僕等の歌詞もふと通りかかったところで出会った時に生きる力になっていけたらいいなと思います。これからも宜しくお願いします!


flumpool(フランプール)

山村 隆太 (Vocal)
阪井 一生 (Guiter)
尼川 元気 (Bass)
小倉 誠司 (Drums)

2008年10月、DOWNLOADシングル「花になれ」(au「LISMO!」CMソング)でメジャーデビュー。洗練されたサウンドと琴線に触れる歌詞、独特の歌声が若者を中心に支持を集めているロックバンド。

Official Site
Official Facebook

New Single「Because... I am」
シャープ「au AQUASPHONE CL IS17SH」TVCMソング/日本テレビ系「スッキリ!!」テーマソング
2012年7月11日発売
初回限定盤(CD+DVD) AZZS-9
¥1,680(税込)
通常盤(CD) AZCS-2020
¥1,260(税込)

<収録曲>
1. Because... I am
2. サマータイムブルース
3. Summer DIVE 2012〜into the Blue〜
4. Because... I am (Instrumental)

flumpool 歌詞一覧

A-Sketch

5th tour 2012「Because... I am」ツアー詳細

flumpoolの好きなフレーズ


ワタフレ投稿フォーム

「歌ネット」Webサイトにおきまして使用されております写真・動画・画像・文章等は著作権により保護されております。無断で加工、転載などを行うと、著作権法に基づく処罰の対象になる場合があります。また、著作権同様、当サイト内で使用されている画像および写真等にはそれぞれの肖像権があります。予めご了承くださいますようお願い申し上げます。



歌詞を携帯で見る


携帯で着うたGET!





Copyright(C)2001-2012 PAGE ONE All Rights Reserved.